思い切った転職が社会勉強になる

私は高校卒業と同時に就職をした会社が倒産することになり、解雇を余儀なくされました。
雇用保険をかけていたので、会社都合の失業と言うことで失業保険は6ヶ月頂けたのはありがたかったですが、ハローワークに通い続けても、給料体系や職種など、納得できる仕事が見つからず、ハローワークの勧めもあり、まったく異なる業種への転職をすることになりました。
その仕事はコンビニの店長業務です。(最初は店長候補としての採用で、3年後に店長になりました)雇われ店長と言うことで、社員として採用していただけました。
事務員から接客業への転職はなかなか大変でした。しかも店長業務は、接客だけではなく発注から、社員教育、シフトの作成など、研修は半年以上にもおよび、さらに定期的な研修もあります。
しかし、この仕事は大変にやりがいがあるものでした。若いながらも共に働く仲間達にも恵まれたと思います。
接客や、言葉遣い、物流、経済など、色々なことがわかりました。とても勉強になりました。
その後結婚して仕事をやめることになりましたが、いまでもパートで近所のコンビニで仕事をしています。生涯役立つスキルを学べたと思っています。


このページの先頭へ戻る