私の転職失敗体験

自分はもう少し上を目指せるのではないか、そんな気持ちから転職を考え始めました。

 

もっと上を目指したいと思い始めたら、その気持ちが次第に強くなり求人広告を見たり、インターネットサイトを見たりしているうちに意外にも自分の携わっている職種の求人が多いことに気づきました。

 

これだけ求人数が多ければ、すぐに仕事が見つかるだろう。そんな風に安易に考えたのがいけなかったのだと思います。

 

働きながらの仕事探しは、求職に集中できないと判断して仕事を辞めてしまったのです。

 

しかし、世の中はそんなに甘いものではありませんでした。上を目指すための転職と自分の中では位置づけていたので、今まで頂いていた給料よりも安い金額で働きたくはありません。

 

そのような条件下で仕事を探し始めると、自分が勤めたいと思うような職場では職を得ることが出来ないということがわかりました。
結局、苦労をして探した職場は以前よりも給料も待遇面も悪いもののなってしまいました。


このページの先頭へ戻る