クライアントに振り回されて

私は、あるメーカーの研究部門で働くエンジニアだった。しかし、大学時代からクリエイターになることへの思いを燻らせていた。

 

その思いは就職後も消えることなく、趣味でグラフィックソフトを使ったり、プレゼン資料を必要以上にこだわったり、少しずつ形に現れていた。

 

結局、就職して3年を過ぎた頃、決意を固め、辞職。フリーのクリエイターに転職した。

 

そのとき、知りあいの伝手から引き受けていたフリーマガジンの仕事があった。その仕事があったこともフリーになった一因としてある。

 

しかし、その仕事は不定期な打ち合わせのために、いちいち新幹線や高速バスを使わなければならなかった。
そのため自分の住んでいる近くで勉強のためのアルバイトをしようにも、手を出せずにいた。結局、フリーマガジンの仕事も頓挫し、路頭に迷うこととなる。

 

もう少し、自分の軸を持って仕事を進めるべきであったと思う。今ではエンジニア専門の転職エージェントもあるのでこういった会社を利用して失敗しない転職をするのが王道かもしれない。


このページの先頭へ戻る