アパレル業界の不思議

数年前、地元では老舗のデパートのテナントに入っているアパレルショップに勤務していました。

 

中小企業ではありましたが、全国のデパートのテナントにいくつもの支店を持つ自社ブランドを取り扱うショップだったのですが、面接へ行くとどうやらワンマン経営のショップらしく、面接から採用まで社長が全部決めているという事で、しょっぱなからの社長面接で驚きました。

 

しかもきちんとしたリクルートスーツで行ったにもかかわらず、なんでリクルートスーツで来たんだ、いつもの服装で来なきゃとダメ出しをされてしまいました。そんな面接状態だったので、採用されないだろうなと他の面接を受ける準備をしていたところ、採用の連絡がありました。

 

それで働きはじめたのですが、そのショップは他の店舗の店長が代理で入るなど、建て直しの真っ最中。しかも会社の経営状態も悪かったらしく、私は採用後半年で解雇されました。そんなわずかな期間で解雇するなら採用なんてしてもらわなかった方がよっぽどよかったと今思います。

美容部員の転職失敗体験談

比較的田舎のデパートで美容部員として5年働いていました。
5年働いていた事もあって、お客さんにも顔を覚えてもらえたり売上もどんどん上がっていたので毎日がとても楽しくてやりがいのある仕事でした。しかし、店長にならないかぎりずっとアルバイト扱いという事もあり転職を考えました。いろいろ考えた結果、都内の有名デパートの同じ業種に転職する事にしました。
ちょうどその頃、転職したいと思っていた上司の方からお声がかかって、すんなりと転職に成功。
しかし、田舎のデパートと、都内の有名デパートでは雰囲気もピリピリとしていて、スタッフのレベルもとても高い。
お給料は派遣になったのでとても良くなりましたが、一緒に働く人や職場の雰囲気は正直よくないので転職失敗したと思っています。このまま続けられるか不安です。しかも、新しい会社は一か月に1回研修があります。
前の会社は半年に一回だったのでかなりの差です。もっと慎重に考えればよかったと後悔しています。


このページの先頭へ戻る