私の転職失敗談

私は現在転職して3か月目を迎えていますが、はっきり言って転職失敗以外の何物でもありません。
元々は営業職に就いており、それから事務職に転職したので給料も下がることは覚悟していたものの、実際は想定額の倍以上下がることになり、生活していくのにギリギリの分しか貰えません。
それでも求人に乗っていた通りの事務職に就けたのなら良かったのですが、実際入社してみたら過去の経験をかわれ、営業に回されてしまいました。
今思えば最初から事務で採用するつもりはなく、求人で人気の事務職を募集し、それで人を集めてから営業職にまわせそうな人員を探していたのだと思います。
はっきり言って求人内容と違うことばかりで、騙された!としか思えません。
しかも給料が前職の半分になったにもかかわらず営業職に就くことになってしまい、どこからどう見ても、どう考えても転職失敗です。
これからまた転職活動を始めたいと思います。

転職には綿密なリサーチを忘れてはいけない

今の会社を退職し転職することを考える時、最も重要なのは綿密なリサーチであるといえます。もう一つ必要なのがリサーチに費やす時間です。この2つが欠けている転職はまず失敗すると考えて良いでしょう。
個人的な体験を書くと、私自身はこの2つが欠けた転職をしました。当時勤務していた会社から離れたいばかりに、焦った転職をしたのです。新しい会社での業務がうまくいかなかったのも当然のことでした。その企業の事業内容こそ知ってはいましたが、経営状態や設立目的も知らずに転職してしまったからです。うまくいかないその会社の仕事に泣きながら、また新たな転職先を探す羽目に陥ってしまいました。 
私のような苦い経験をしないためにも、綿密なリサーチをしてから転職することをお勧めします。地味にも見えるその作業が、明るく仕事に打ち込む未来を実現させるのです。理想の転職は自分の努力で引き寄せるものだと思います。

私の転職失敗談/転職の成功と失敗について記事一覧

仕事を辞めてからなかなか次の仕事が決まらず、不安と焦りが募り判断力が鈍る中、やっとのことで内定を頂いた会社に入社したのがそもそもの間違いでした。元々事務職希望だったのですがなかなか決まらない焦りに押され、営業職に就いてしまい、本当に過酷な日々でした。インセンティブが発生する仕事ではあったので、契約を取れば取る程お給料が貰える仕組みではあったのですが、その分基本給が8万円と低く、契約を取れない月は基...
IT企業でスキルアップの為に転職活動をしていました。あまり時間に余裕もなかったので、面接官の方の印象だけで転職を決めてしまった所、大失敗でした。実は、世間一般で言われるブラック企業で、残業代は出ないですし何しろ平均残業時間が30時間程度だったのが、蓋を開けてみれば100時間を超えていました。家に帰ることもままならず、家には着替えを取りに帰るような状態でした。100時間を超える残業時間に残業代が出な...
商品企画の仕事をしていて、同じ職種で転職先を探していました。見つけた会社が、残業の無い会社で、この職種では珍しい条件でした。すぐに応募して、無事に内定、早速働き始めました。残業が無い事は確かに良かったのですが、逆に言うと、残業出来ないという事です。どんなに仕事がたまっていても、会社では定時を過ぎたら仕事できません。こっそり持って帰り、仕事する日々が続きました。私以外にも持ち帰り仕事する人は多く、そ...
30歳手前にして転職活動を始めましたが、未経験分野は全滅状態です。やりたいという意欲だけでは採用される気配がありません。接客業を希望しているのでアルバイトからでも始めたいと希望欄に記載するのですが、アルバイトでも欲しい人材というのが明確に決まっているようで、面接まで進んでも落とされてしまいます。転職サイトなどのスカウト機能でやってくるのは、これまで経験のある教育分野のものばかりです。また、接客業の...
私は、あるメーカーの研究部門で働くエンジニアだった。しかし、大学時代からクリエイターになることへの思いを燻らせていた。その思いは就職後も消えることなく、趣味でグラフィックソフトを使ったり、プレゼン資料を必要以上にこだわったり、少しずつ形に現れていた。結局、就職して3年を過ぎた頃、決意を固め、辞職。フリーのクリエイターに転職した。そのとき、知りあいの伝手から引き受けていたフリーマガジンの仕事があった...
自分はもう少し上を目指せるのではないか、そんな気持ちから転職を考え始めました。もっと上を目指したいと思い始めたら、その気持ちが次第に強くなり求人広告を見たり、インターネットサイトを見たりしているうちに意外にも自分の携わっている職種の求人が多いことに気づきました。これだけ求人数が多ければ、すぐに仕事が見つかるだろう。そんな風に安易に考えたのがいけなかったのだと思います。働きながらの仕事探しは、求職に...
数年前、地元では老舗のデパートのテナントに入っているアパレルショップに勤務していました。中小企業ではありましたが、全国のデパートのテナントにいくつもの支店を持つ自社ブランドを取り扱うショップだったのですが、面接へ行くとどうやらワンマン経営のショップらしく、面接から採用まで社長が全部決めているという事で、しょっぱなからの社長面接で驚きました。しかもきちんとしたリクルートスーツで行ったにもかかわらず、...
某社に転職するきっかけは、それまでの約2年間にビジネススクールで学んだことを活かしたかったからだった。社会人大学院でファイナンスを学んだ私は、その知識とそれまでの仕事で培ったコンピュータの知識を活かせる仕事を探していて、その両方を兼ね備えるなら、年収は多少下がってもいいと思っていた。その下がってもいい下限で仕事が見つかり、ありがたいことにぜひ来てほしいとお願いされめでたく転職したら、金融不況がやっ...
転職失敗と言えば、ホテル勤務から洋服屋さんの店員へと転職したことが思い出されます。ホテルでの仕事はお客様に最高のサービスを提供することを心がけており、自分の中では接客業には自信がありました。ただお給料の面で不満を感じて洋服屋さんの販売員へと転職を試みたのですが、同じような接客業と思っていたのは大きな勘違いだったことに気がついたのは後の祭りだったのです。洋服屋さんの販売員は積極的にお客様に話しかけて...
私は現在転職したく、就職活動中です。ですが、この不景気なこともあってか他社面接を受けてもなかなか次の仕事を見つけることが出来ません。まず、資格を持っていませんので履歴書で落とされることがほとんどです。面接まで通ったとしても、お持ちの資格はありますか?と絶対に尋ねられ、何故資格を取らなかったのかと言われてしまいます。前の仕事は知り合いのつてで入ったため、特にそういった資格も必要なかったのです。きちん...
夫の転勤で引越しをしたことをきっかけに転職をすることになりました。子供たちの先々の学費のことなどを考えて、今は夫婦で共働きをすることにしています。独身時代から、金融系の仕事をしていて、結婚出産をしても職場に戻ることができたので、そのスキルを生かして同様の職場へ正社員として勤務することを希望していました。そして、ハローワークに通い続け、ようやく見つかった仕事は、金融系ではなく、通常の事務員の仕事でし...

このページの先頭へ戻る