転職したことで分かったこと

私が10年の内に転職をした回数は3回です。つまり、3年に1回は転職をしたということになります。
高校を卒業して間もなく、私は親の紹介で務めた会社(お土産品店の社内SE仕事)を3年間勤めました。辞めることになったのは、会社の方から経営状態が思わしくないため自主退社して欲しいとの要望があったからです。
辞めた翌日に、私は初めてハローワークへ行きました。ハローワークでは、平日にも関わらず仕事を探す人で溢れていました。
端末機を使いながら社内SE職というキーワードで探すのですが、高卒という学歴しかない私を雇ってもらえる所は少なく、狭き門でした。社内SEって案外ニーズが高いんですよね。参考→社内SEの転職

 

ですからその後は職種にとらわれることなく探し始めました。そんな中、司法書士事務所の求人が目に入りました。学歴不問だったため、履歴書を送ってみたところ、面接の案内がきました。その後、無事に面接を終えて、内定をもらいました。
正直、今まで社内SEとして働いていて司法書士関連の経験もない私を雇ってもらえるなど思ってもみませんでした。
勤めてからは、耳慣れない言葉や初めて知ることばがりが多く、勉強する毎日でしたが、とてもやりがいがありました。
この会社は4年勤めましたが、私が体調を崩すようになったため、事務所へ迷惑を掛けられず辞めました。
辞めてからは半年間休養し、体調が戻ってからは毎日のようにハローワークに通いました。
しかし、自分が思っているような仕事の公募がなかなかありませんでした。
そんな時、以前から興味のあった税理士事務所の公募が出ていましたので、簿記2級を持っていた私は、すぐに履歴書を送りました。
面接も無事に終え、事務経験が長いことと、資格を持っている点を評価していただき、内定をもらいました。
もともと、税に関心のあった私は、この仕事に就けたことにとても生きがいを感じていました。
しかし、主人の県外の転勤を機に、この事務所を3年で退職しました。
転職を繰り返すことで、雇用者側は、すぐに辞めるのではないかという悪い印象を持たれるかもしれません。
しかし、私は転職したことで、勤めた先で様々な社会的かつ専門的知識と実績を身に付けることができました。
一つの会社だけを絞って勤めるよりも、転職とは、自分に合った仕事を見つける良いきっかけになるのだと思いました。

今までスーパーで働いていますが女性の転職は大変だと感じています。

とあるスーパーの女性下着売場にいます。

 

この春からチーフになりましたが、手当ては5000円だけで、残業代がつかなくなりました。

 

毎日の書類もものすごく多くなり、昇給しないほうが良かったとため息をつく毎日です。

 

おまけに先日、とある在庫品をメーカーに返送したものが行方不明になってしまいました。

 

ちゃんといつもの段取りで発送したのに・・・。

 

約60万円の損失です。

 

私が弁償しなければいけないわけでもないし、マネージャーか注意されただけですみましたがへこみました。

 

今の店から一時間ほどのところに数ヵ月後に新店がオープンする予定です。

 

うちの店からもかなり移動があるらしいです。

 

うちから通いにくい場所にあるので、もし転勤を打診されたらもう辞めちゃおうかな・・・。

 

販売の仕事は嫌いじゃないけど、転職して事務職につきたい気持ちもあります。

 

販売職はパートならいいけど、正社員は転勤が多すぎです。まずは女性の転職に強いエージェントを探してみて、じっくりと検討したいと思っています。


このページの先頭へ戻る